蒸しタオル方でもっとキレイに

先ほどご紹介した蒸しタオル方は何も、健康だけのためのものではありません。美容にも良いこと尽くめなこの蒸しタオル法を今回はご紹介したいと思います。

首蒸しタオル
「ぼんのくぼ」と呼ばれる後頭隆起の下のくぼみあたりから、首にかけて蒸しタオルをあてます。この【ぼんのくぼ】と呼ばれる部分は「延髄」に当たる部分のことです。延髄は、「眼球運動」・「呼吸・血圧・心拍数の調整」をおこなう働きがあり、身体全身の機能を支配するコントロールセンターのような場所です。後頭部がじんわりと蒸しタオルによって暖められます。そうすると延髄も温まり、機能が向上し全身の健康状態が改善されるほか、自然治癒力がアップすることは既に広く知られています。
蒸しタオルは長時間持つこと(温度を保つこと)ができないので、何本か用意していただき冷めたらまた温かいものをと3~4回ほど繰り返してください。熱いタオル→徐々に冷める→熱いタオル・・・というこの温度差が延髄への刺激となって、効果が高まるのです。
またぼんのくぼを温めることで、内部の延髄が暖められ目のトラブルの原因となる筋肉や血管が活性化されます。そして結果、血行が良くなりトラブル解消へと繋がるということです。

首から肩部分もオススメ
蒸しタオルはこんな部分にも有効です。首から肩の上に乗せて10分ほど温めます。何本か蒸しタオルを用意して温め続けましょう。約10分程で入浴の際に感じるあの「ほくほく感」を味わえるということです。寒い季節などに試してみたいですね。