タオルのリサイクル方法③

ここまで二回に分けてタオルやバスタオルのリサイクルについてみてきました。今回は最後に「予防」にも繋がるタオルのリサイクル方法に付いてです。
使い古したタオやバスタオルと予防とは?どんな関係があるのでしょうか?

ノロウィルスについて
ノロウィルスですが厚生労働省によると、
「ノロウイルスはヒトに対して嘔吐、下痢などの急性胃腸炎症状を起こすが、その多くは数日の経過で自然に回復する。季節的には秋口から春先に発症者が多く
なる冬型の胃腸炎、食中毒の原因ウイルスとして知られている」ということです。
冬場になると目にする機会も増える病気です。学校や職場においてこのノロウィルスが発生した場合の対応方法として、塩素系消毒液で吐瀉物(としゃぶつ)、下痢のあった場所を拭くように周知されています。ですが、徹底された対処をとったとしてもノロウィルスは感染力が強いと言われています。感染が広がってしまわないためにも、消毒は徹底したいものです。そこで一番有効な方法は、消毒した際に使用したマスク・手袋・タオルなどは一回で捨ててしまうことです。
そんな時に使い古したようなタオルは再利用にぴったりです。そのまま捨ててしまっても惜しくないようなタオルやタオルの切り端は、こんな時にも大変役立ちます。
どうでしたか。ここまで三回に渡ってタオルのリサイクルについて簡単ですが、お話してきました。使い古したタオルのアレンジに始まり掃除やボランティア、予防まで。もっといろんなリサイクル方法はありますので、色々お試ししてみてください。皆がハッピーになるリサイクルのことでした。