タオルの保管場所について

いつも生活のなかにあるタオルやバスタオル。
プレゼントや贈り物や粗品として頂く機会も多いです。
今はちょっと出番はないけど・・・と思っているうちにいつの間にか増えてしまっていることもしばしば。
今回はそんなタオルの保管の仕方や、アレンジをご紹介したいと思います。
まずは正しいタオルやバスタオルの保管方法からご紹介していきます。

正しいタオルの保管について
洗顔後やお風呂あがりに絶対、使用しているタオルやバスタオル。使うシーンがお風呂場辺りになると思いますので、この近くに保管している方も多いでしょう。
近くにある方が便利なのは分かりますが、タオルは湿気には大変弱いもの。
出来たらこのような場所ではなく、もっと湿気のないところで保管していただきたいものです。
ですが、一人暮らしの方などは部屋の間取りの関係から保管スペースが充分にない場合もあります。
タオルの保管の基本は、「風通しの良い所」がオススメです。
部屋のスペースなどから、どうしてもお風呂場近くしか保管場所がないという方には次のような保管方法をお試しください。

お菓子の中に入っている乾燥剤を使うことで湿気を防ぐことができます。
この乾燥剤は別名シリカゲルと呼ばれ、主な働きは除湿と言われますが、実は消臭効果にも優れているということです。
この乾燥剤をクローゼットやタオルを保管する引き出しにも入れることで、湿気取りに役立ちます。
タオルは湿気やすく、それ故にカビなども繁殖させてしまうため気をつけていただきたいポイントです。